プログラム

 2017年6月17~18日(土~日)  

神戸国際展示場 2号館コンベンションホール

プログラム抄録はこちらをご覧下さい。

 【1日目】6月17日(土)  

 

12:00~ 開場・受付開始
 12:45~  開会挨拶

《母乳育児の最新情報》

 13:00~14:00

母乳育児の健康への効果(なぜ母乳育児は大切か)

瀬川雅史(小児科医、IBCLC)

(15分間)

休憩、書籍販売、ブース展示

14:15~15:15

 母乳育児の生化学(母乳育児を科学的に支援するには) 

戸田千(産婦人科医、IBCLC)

 (70分間)

 ティーブレイク・交流会

 16:00~17:00

 育児困難感のあるお母さんと赤ちゃんへの援助

(発達に偏りのあるお母さんと赤ちゃんへの援助)

布川まゆみ(助産師、IBCLC)

 【日目】6月18日(日)  

 

8:30~ 開場
8:50~  オリエンテーション

《特別な支援の必要なお母さんと赤ちゃん》

9:00~9:45

「周産期のメンタルヘルス」(特に周産期発症のうつ病について)

宮貴子(精神科医、IBCLC)

9:45~10:30

 母体合併症(妊娠高血圧と妊娠糖尿病を中心に) 

間瀬徳光(産婦人科医、IBCLC)

 (15分間)

 休憩

 10:45~11:30

「『母乳だけ』にはこだわらない」という女性への支援

本郷寛子(カウンセラー、IBCLC)

11:30~12:15

後期早産児(少し早く生まれた赤ちゃん)と

SGA(少し小さく生まれた赤ちゃん)

瀬尾智子(小児科医、IBCLC)

(60分間)

昼食 書籍販売、ブース展示

《臨床現場でのホットトピック》
 13:15~14:00

HIVとHTLV-1と母乳育児

水野克己(小児科医、IBCLC)

 14:00~14:45

高年初産のお母さんへの援助(ガイドラインを踏まえて)

渡邊和香(助産師、IBCLC)

14:45~15:00

閉会挨拶 終了

都合により、プログラムや講師などに急遽変更がある場合がありますので、ご了承ください。

■ この学習会は全講義を受講されますと、ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(IBLCE)の継続教育単位が7.5L単位取得できます。