プログラム

 

2月24日(土) 11551830 開場・受付開始1100

 

11:15~

11:45 

JALCオリエンテーション

JALCから母乳育児支援の輪を広げ盛り上げましょう!

皆さんどうぞご参加ください。  

11:55~12:15 開会 オリエンテーション はじめの挨拶
12:15~13:45

講演1 母乳育児支援者が知っておきたい周産期のメンタルヘルス

~「気づく」「つなげる」「支える」

宮貴子(精神科医、IBCLC)

14:00~15:30

講演2 子どものこころの発達を見守る ~発達障害や愛着障害の脳科学研究~

福井大学子どものこころの発達研究センター教授 友田明美先生

15:30~16:15 ティーブレイク・エリア会
16:15〜17:00

総  会   IBCLC JALC会員は出席をお願いします。

欠席のときは委任状が必要となります。

17:00~17:30

研究発表

17:30~18:30

講演3 シンポジウム 「ハイリスク母子への母乳育児支援

~多様化するニーズに応えるためのリソース」

行政の母子保健活動での母乳育児支援  

                鈴木佳奈子(助産師、IBCLC)

新生児・乳児訪問での母乳育児支援と保健師(行政)との連携について

                土屋あつ子(助産師、IBCLC)

小児科クリニックにおける母乳育児支援外来

                                                       張尚美(小児科医、IBCLC)

地域のNPOでの継続した関わりから   

                                                  渡邊和香(助産師、IBCLC)

19:00~21:00

(自由参加)懇親会

~海外渡航報告も行われます。是非ご参加ください!~

招聘講演・教育セミナー・会員企画の抄録集はこちらから。

 

 2月25日(日) 9:1516:00  開場・受付開始9:00~ 

 

9:15~11:15

分科会ワークショップ:IBCLCとしての実践力をみがこう! 【5会場】

事前に必ずどれかの分科会に参加をお申し込み下さい。

1、多職種連携による乳腺炎への対応 

2、産前教育~母乳育児への動機づけ~ 

3、NICU入院児の経管栄養から直母への移行 

4、子どもがNICU退院後の母乳育児支援―直接授乳がうまくいかない時 

5、デバイス(母乳育児補助器具)の適応と実践

詳細は分科会案内を参照下さい。

11:15~12:30

昼 食/ポスタービューイング

12:30~13:45

講演4 健康を決める力:ヘルスリテラシーとはなにか

 聖路加看護大学教授 中山和弘先生

14:00~15:00

講演5 最低限知っておきたい著作権法の基礎知識

TH総合法律事務所 弁護士・弁理士 伊藤博昭先生

 

15:00~16:00

講演6 実例で見る 学習会における適切な写真・イラスト素材の利用と文献・サイトの引用

三宮理恵子(BS,IBCLC)

16:00~

閉会  終わりの挨拶、CERPs等提出

都合により、プログラム時間や講師などに変更がある場合がありますので、ご了承ください。

◆教育単位  ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(IBLCE)継続教育単位

すべての講義を受講されると、3.5L&2E&4.25R-CERPs取得できます。

  

***************************************

携帯・スマホの方は 左上 🈪 マークのクリックし ⊞ マークのクリックで下記詳細に移動できます。