プログラム


11月3日(土・祝)1日目 10:15-18:00(9:45開場)

基礎編  エビデンスに基づいて答えるために知っておきたい基礎知識

10:30-

1:15

Q. 国では母乳栄養でも人工栄養でも、差がないのでは?

母乳育の健康果)

多田香苗(小児科医IBCLC

11:15-12:00

Q. 母乳が出ない人はどのくらいいるの? (母乳分泌の生理学)   

                                滝島 茂(小児科医IBCLC
12:20-12:50

ランチョン母乳育のサイエンス ISRHMLからのトピック) 

                      水野克己(小児科医IBCLC

13:15-14:00

Q. 乳管開通や乳房マッサージは必要か?(母乳育児の解剖学)

涌谷桐子(産婦人科医IBCLC

14:00-14:45

Q. 脂肪の多いものを食べると乳管がつまる?  (母乳の生化学)

山本よしこ(小児科医IBCLC

14:45-15:15 ティーブレイク
15:15-16:00

Q. 乳腺炎への対応は?(母乳と薬 ポジショニングとラッチ)

     瀬尾智子(小児科医IBCLC) 

16:00-16:45

Q.  吸いつかない赤ちゃんはどうすればよいの?(Baby-led breastfeeding)

小嶋絹子(新生児科医IBCLC)

17:00-18:00

Q. 母乳で育つ赤ちゃんは体重が少なくてもいい? (母乳育ちの子どもの発育評価)

奥 起久子(新生児科医 IBCLC)

2日目 9:30-14:45(9:00開場)

応用編 様々な状況で母乳育児を支援するには?

9:30-10:30

 Q. NICUでの母乳育児支援:母乳を出すように無理強いすることになるのでは?

(ファミリーセンタードケアとNeo-BFHI)

  大山牧子(新生児科医 IBCLC

10:45-12:15

Q. 母乳育児に関する様々な通念から母親やスタッフを解放するためには?

(相手の心にとどくコミュニケーションスキル)

                           高橋有紀子(小児科医 IBCLC)

12:30-13:00

ランチョン:母乳育児推進に関する世界の動き

瀬川雅史(小児科医 IBCLC)

13:15-14:45

ケーススタディ:グループワークとコメント

斎藤 誠(新生児科医 IBCLC)

田中奈美(産婦人科医 IBCLC


※ プログラムの内容・講師は都合により変更になる場合があります。

 

【IBLCE教育単位および各学会研修単位】

Academy of Breastfeeding Medicine フェロー資格申請単位として認定されます。

ラクテーション・コンサルタント資格試験国際評議会(IBLCE)継続教育単位:すべての講義を受講されると10.5L-CERPs取得出来ます。

日本周産期・新生児医学会周産期専門医研修会(2 単位)

日本小児科学会 新更新単位 小児科領域講習:2単位(1日1単位)

産婦人科関連:日本産科婦人科学会付与単位:発行認定済(単位数未定) 

       機構認定単位:発行承認済(参加単位、領域単位)

       日本産婦人科医会単位:申請予定

日本医師会生涯教育単位 1日目 4.5単位、2日目 4.5単位

日本プライマリ・ケア連合学会専門医・認定医更新のための単位 1日目 5単位、2日目 4.5単位

 

 

各案内ページへは下記をクリックしてください。

*******************************************

大会長挨拶

プログラム

参加費

申込方法

昼食について

入金終了の方へ

アクセス・会場案内

当日参加をお考えの方へ

懇親会のご案内

お子様連れで参加をお考えの方へ

個別の配慮を必要とされる方へ

問い合わせ先(学習会事務局)

資料集ダウンロード(準備中)

学習会ウェブアンケート(準備中)

各種案内ダウンロード